タナカメディカルグループ

インフォメーション

お知らせ

お知らせ五月人形

事故や病気から皆様を守ってくれます様に・・・☆

現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。
この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。
端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。
身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、事故や病気から皆様を守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。
いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐという意味から使われるならわしです。

本日より、ライフコートガーデン南館のエントランスにて皆様を守ってくれております・・・☆★☆


高齢者向け賃貸マンションライフコートガーデン南館

  • 〒006-0004 札幌市手稲区西宮の沢4条3丁目5-5
  • 電話:011-694-2222
  • FAX:011-694-2262