愛の里 | タナカメディカルグループ

care

愛の里

医療・福祉
関係者の皆様へ

お知らせはこちら タナカメディカルグループ採用サイト 就職希望の方はこちら

医療・福祉関係者の皆様へ

  • 介護老人保健施設
    愛の里
    tel.011-681-6678
  • 入所・ショートステイ・通所リハビリテーション

入所受入れ基準

自宅への退院が困難な方で、在宅復帰を目標にしている方、在宅復帰が困難で特養待機での長期的利用、冬期間の一時的利用など、様々なご相談をお受け致しております。入所の申し込みにあたっては、お受入れ可否の判定のために、病状や投薬内容、認知症・精神症状などの把握が必要ですので、情報提供をお願いいたします。
病状などによっては、お受入れできないケースもございますので、下記の基準を参考にしてください。お問い合わせやご相談など、お気軽に施設までご連絡ください。

※◯〜受け入れ可能、△〜要相談、×〜受け入れ不可

<病状管理面>

投薬 老健入所中の薬は全て施設で処方致します。医療機関からの処方は保険制約により不可です。 施設で投薬できない薬が必要な方のお受入れは困難な場合があります。

■注射(痛止め等)〜不可
■認知症改善薬(アリセプト、レミニール、メマリー等)〜不可
■点眼薬〜緑内障・白内障などの点眼薬は、施設薬へ変更可能か眼科医師のご指示が必要です。

多量の精神薬内服や全体の内服量が数10種類と多い場合には、困難な場合があります。
他科受診 × 老健入所中の病状管理は全て施設で行ないます。医療機関への定期的な通院は保険制約により不可です。
経過観察等での受診は可能な場合があります。
入所中に病状悪化などがあった際には、施設医師の指示で他科受診は認められます。
胃ろう 数名程度のお受け入れ
インシュリン 数名程度のお受け入れ
ストマ 数名程度のお受け入れ
バルーン 数名程度のお受け入れ
頻尿 特に夜間頻尿は困難な場合があります。
導尿 × 一時的な対応は可能ですが、常時頻回な状況では困難です。
サクション × 一時的な対応は可能ですが、常時頻回な状況では困難です。
酸素 × 一時的な対応は可能ですが、常時頻回な状況では困難です。
褥瘡 症状によっては困難な場合があります。
疼痛コントロール 激しい痛みによる離床困難など、生活に支障がある程の痛みがある場合は困難です。
摂食障害 × 嚥下不良(ムセ、通過障害)が強い場合は困難です。

<ADL面>

移動 ベット上の生活で離床が難しい状態、車椅子座位が難しい状態は困難です。 常時職員2人介助が必要な状態は困難です。
食事 摂食障害が強い場合は困難です。
排泄 各種オムツ対応は可能です。頻尿が見られる際には困難な場合があります。
入浴 一般浴、スロープ浴(車椅子)、特浴(ストレッチャー)での入浴となります。

<精神面>

身体拘束 × 安全ベルト、4本柵などの身体拘束は不可です。
転倒リスクがある場合のセンサー使用は可能です。
徘徊・離設 × 左記のような、認知症による周辺症状が強く見られる場合は困難です。
認知症専門棟がなく、多床室しかない為、他者に影響が出る言動がある場合には困難です。
時折不穏症状みられる程度ならお受入れは可能な場合があります。
暴言・暴力 ×
介護拒否
昼夜逆転
夜間せん妄
独語、奇声
帰宅願望
妄想・幻覚
不定愁訴

通所受入れ基準

退院後の短期集中リハビリテーションや、在宅生活においてリハビリテーションが必要となった方の利用など、様々なご相談をお受け致しております。通所の申し込みにあたっては、お受入れ可否の判定のために、病状や投薬内容、認知症・精神症状などの把握が必要ですので、情報提供をお願い致します。
病状などによっては、お受入れできないケースもございますので、下記の基準を参考にして下さい。
お問い合わせやご相談など、お気軽に施設までご連絡下さい。

※◯〜受け入れ可能、△〜要相談、×〜受け入れ不可

<病状管理面>

胃ろう ×  
インシュリン 自己注射できる方はご利用可能です。
ストマ ×  
バルーン ×  
頻尿  
導尿 ×
サクション ×  
酸素 自己管理できる方はご利用可能です。
褥瘡 症状によっては困難な場合があります。
疼痛コントロール 激しい痛みによる離床困難など、生活に支障がある程の痛みがある場合は困難です。
摂食障害 × 嚥下不良(ムセ、通過障害)が強い場合は困難です。

<ADL面>

移動 ベッド上の生活で離床が難しい状態、座位が難しい状態は困難です。
送迎時に常時職員2人介助が必要な状態は困難です。
食事 摂食障害が強い場合は困難です。
排泄 各種オムツ対応は可能です。定時のトイレ誘導も対応可能です。
入浴 一般浴、スロープ浴(車椅子)での入浴となります。

<精神面>

身体拘束 × 安全ベルト、4本柵などの身体拘束は不可です。
徘徊・離設 左記のような、認知症による周辺症状が強く見られる場合は困難です。
認知症専門のデイケアではないため他者に影響が出る言動がある場合には困難です。
時折不穏症状みられる程度ならお受入れは可能な場合があります。
暴言・暴力 ×
介護拒否
昼夜逆転
夜間せん妄
独語、奇声
帰宅願望
妄想・幻覚
不定愁訴

私たちがお答えいたします。

愛の里 支援相談員
医療相談員
支援相談員
石川 尚史

お電話でのお問合せ

  • 代表電話 011-681-6678 受付時間[平日9:00〜17:00]
    [土曜9:00〜12:00]
  • ご相談はお電話にてお願い致します。

介護老人保健施設愛の里

  • 提供サービス/入所・ショートステイ・通所リハビリテーション
  • 受付時間/平日:9時~17時 土曜日:9時~12時
  • 休  業/日祝日
愛の里へのお問合せはこちら